日本ユニシス、Webアプリ開発・運用における統合セキュリティ対策ソリューションを提供開始 | RBB TODAY

日本ユニシス、Webアプリ開発・運用における統合セキュリティ対策ソリューションを提供開始

 日本ユニシスは3日、Webアプリケーションの開発から運用までの統合セキュリティ対策「Webセキュア・クリニック・ソリューション」を発表した。7月15日から、情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURE(アイセキュア)」に追加し、提供を開始する。

エンタープライズ セキュリティ
Webセキュア・クリニック・ソリューション概要図
  • Webセキュア・クリニック・ソリューション概要図
  • 3つの機能と内容
 日本ユニシスは3日、Webアプリケーションの開発から運用までの統合セキュリティ対策「Webセキュア・クリニック・ソリューション」を発表した。7月15日から、情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURE(アイセキュア)」に追加し、提供を開始する。

 「Webセキュア・クリニック・ソリューション」は、「脆弱性が潜在するWebサイト」「Webサイトの脆弱性の存在を知らない」「攻撃や改ざんに気がつかない」など、Webサイトの高いリスク運用を、安全な運用にするためのセキュリティサービス。第一弾として、(1)Web開発に携わる責任者向けセキュリティeラーニングサービス(2)脆弱性診断サービス(3)改ざん検知・変更管理ソリューションの3つの機能を提供する。まず、セキュリティ対策を推進・確認する立場のWebアプリケーション開発責任者や外部に開発を委託する委託元の責任者向けにeラーニングサービスを提供する。脆弱性診断サービスは、本番運用開始前や運用開始後のWebサイトに関わる設定変更やWebアプリケーション・リリース時のセキュリティチェックとして利用可能。改ざん検知・変更管理ソリューションはWebサーバの改ざん検知対策やサーバやネットワーク機器、データベースなどの設定変更作業の管理を実施可能。

 日本ユニシスは、「Webセキュア・クリニック・ソリューション」および関連サービスを含め、今後3年間で売上2億円を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top