ソフトバンクの通信障害、原因はATM伝送装置の機能不全 | RBB TODAY

ソフトバンクの通信障害、原因はATM伝送装置の機能不全

ブロードバンド 回線・サービス

ソフトバンクモバイル3Gサービスの関西エリア
  • ソフトバンクモバイル3Gサービスの関西エリア
  • ソフトバンク代表取締役社長 孫正義氏は、自身のTwitterアカウントで謝罪
 ソフトバンクモバイルは27日、25日に関西地域(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県)で発生したネットワーク通信障害の原因を発表した。

 基地局とネットワークセンターを結ぶためのATM伝送装置が、装置を制御するソフトウェアの障害によって機能しなくなったためとしている。現在は同装置について対策をとり影響が出ないようにしたという。

 25日に発生したネットワーク障害は、5府県内に複数設置している各交換設備のデータ更新等を実施し、26日午前10時15分に復旧した。なお停波した基地局は各地に点在していたため、屋外の通話エリアの大部分は、隣接する基地局でカバーできたとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top