三菱、マルチメディアエントリーのIPS方式23型フルHD液晶ディスプレイ | RBB TODAY

三菱、マルチメディアエントリーのIPS方式23型フルHD液晶ディスプレイ

IT・デジタル 周辺機器

「RDT233WLX」
  • 「RDT233WLX」
  • 「10ビットガンマ」機能のイメージ
 三菱電機は24日、多彩なAV入力に対応したマルチメディアモデルのエントリー機種としてIPS方式の23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT233WLX」を発表した。販売開始は6月6日。価格はオープンで、予想実売価格は31,800円前後。

 ビデオ入力用のHDMI端子のほか、市販の変換アダプタ等を併用しAV機器のD端子やコンポーネント出力端子にも対応するミニD-sub15ピン端子を装備。PC入力用には、ビデオ入力共用のミニD-sub15ピン端子に加えHDCP対応のDVI-D端子を備えた。

 省エネ・節電性能も装備し、表示画像の明るさに応じて画面の明るさを自動で調節し、消費電力を最大約17W削減できる「ECO設定」を搭載。画面を消してオーディオ機能のみを使用できる「消画モード」や、「電源自動オフ」「オフタイマー」機能を搭載。累積省エネ電力量、累積CO2 削減量と省エネ率をOSD (On Screen Display)で表示する「省エネ管理」や、省エネ電力値をリアルタイムにOSDで表示する「ECOメーター」といった、省エネ効果の確認できる機能も備えた。

 画質面では、256階調のRGB信号を10ビット・1024階調で信号処理する「10ビットガンマ」機能を搭載し、階調表現がよりなめらかに。液晶パネルはIPS方式でぎらつきやざらつきを抑えた。

 液晶解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHDで白色LEDバックライト付きノングレア(非光沢)パネル、視野角は上下/左右各178度、輝度は250cd/m2、ダイナミックコントラスト比は8,000:1(通常1,000:1)、応答速度は14ms(GTG)、スピーカーは1W×2。

 本体サイズは幅546×高さ450×奥行き230mm、重さは約4.3kg。付属品は電源コード(1.5m)/信号ケーブル(1.5m:DVI-D/DVI-D、1.5m:ミニD-sub15ピン/ミニD-sub15ピン)/オーディオケーブル(1.5m:3.5mmステレオミニ/3.5mmステレオミニ)/ブロックネック×3/ベーススタンドなど。

※初出時において、予想実売価格に誤りがありました。読者の皆さまおよび関係者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top