劇場版アニメで“最も素晴らしかった”と評価された作品は? | RBB TODAY

劇場版アニメで“最も素晴らしかった”と評価された作品は?

エンタメ 調査

BIGLOBE「アニメランキングメーカー」
  • BIGLOBE「アニメランキングメーカー」
  • 「サマーウォーズ」オフィシャルホームページ
 BIGLOBEは、ユーザーが自由にテーマを設定し、投票を募集できる「アニメランキングメーカー」で作成された「劇場版アニメ(素晴らしかった)ランキング」の結果を発表した。

 1位となったのは2009年に公開された「サマーウォーズ」。アニメ映画「時をかける少女」のスタッフが再結集した同作品。ふとしたことから田舎の大家族に仲間入りした少年が、突如世界を襲った危機に対して戦いを挑む姿を描く。

 2位は2010年公開の「涼宮ハルヒの消失」。「涼宮ハルヒ」シリーズ初の劇場版アニメ作品で、テレビアニメ版と同様に京都アニメーションが制作を担当。テレビアニメ版最終回の続編的な内容で、多くのファンが注目した。

 3位は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。2009年に公開された同映画は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4部作の第2作。原画など既存素材の流用にこだわらず“完全新作”をベースに制作が進められ、人気を博した。

■劇場版アニメ(素晴らしかった)ランキング
1位:サマーウォーズ
2位:涼宮ハルヒの消失
3位:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
4位:ルパン三世 カリオストロの城
4位:天空の城ラピュタ
6位:時をかける少女
7位:空の境界
8位:風の谷のナウシカ
9位:千と千尋の神隠し
9位:魔女の宅急便
※4位、9位は同率
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top