ソフトバンクテレコム、クラウド型ストレージサービスの提供を開始 | RBB TODAY

ソフトバンクテレコム、クラウド型ストレージサービスの提供を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービス利用イメージ図
  • サービス利用イメージ図
 ソフトバンクテレコムは19日、企業向けクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」において、データストレージサービス「ホワイトクラウド シェアードHaaS データストレージ」の提供を開始した。

 「ホワイトクラウド シェアードHaaS データストレージ」は、クラウド環境を利用し、必要なデータの記録・保存を、安全な環境のもとで行うことができるデータストレージサービス。ソフトバンクテレコムのデータセンター内で仮想サーバを利用する「ホワイトクラウド シェアードHaaS プレミアム」やコロケーションサービスとの接続が可能。基本サービスでは、1TBのデータを保管可能。1TBを超えた場合、運用や増設はソフトバンクテレコムが利用状況をモニターしながら行うため、ユーザは容量の上限を心配する必要なく利用できる。また基本サービス内で、稼働中のストレージ上のある一時点のデータを抜き出し、そのまま保存できる「スナップショット」機能を利用できる。料金は、基本料金と実際に利用した分を課金する従量料金を組み合わせた設定となっている。

 料金は初期費用が105,000円、月額料金が73,500円(1TB)、従量料金が7,350円/100GB。オプションサービスの「バックアップ」が初期費用52,500円、月額料金52,500円(1TB)、従量料金5,250円/100GBとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top