KVH、仮想サーバ型IaaS「KVH Virtual Private Server」の提供を開始 | RBB TODAY

KVH、仮想サーバ型IaaS「KVH Virtual Private Server」の提供を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

専用サーバ内訳
  • 専用サーバ内訳
  • ネットワーク
  • KVH、仮想サーバ型IaaS「KVH Virtual Private Server」の提供を開始
 KVHは9日、KVH情報デリバリー・プラットフォームで展開する「KVH IaaS」の新サービスとして、「KVH Virtual Private Server(KVH VPS)」の提供を開始した。

 KVHでは、国内複数個所にまたがるデータセンターおよび高速ネットワークを基盤にしたクラウドプラットフォームで、専用サーバ型(物理サーバ型)「KVH IaaS」を提供している。今回提供される「KVH VPS」は、企業内ネットワークなどの特定の利用者を対象としたプライベート・クラウドとしても、コンテンツ・プロバイダやSaaSベンダーによるパブリック・クラウド提供のためのプラットフォームとしても利用可能なサービスとなる。

 「KVH VPS」では、物理サーバに搭載される仮想サーバ数の違いにより、パフォーマンス重視型「ギャランティード・アロケーション:Guaranteed Allocation(GA)」とコスト重視型「ダイナミック・アロケーション:Dynamic Allocation(DA)」の2種から選択が可能。またSLA(Service Level Agreement:サービス品質保証制度)で99.9%の可用性を保証する。初期費用は無料、月額利用料は、インターネット接続料込みで8,400円(1vCPU 2GB、VPS DA)から33,600円(8vCPU 16GA, VPS DA)など。

 OSはWindows 2003、Windows 2008 Web Edition、Windows 2008 Standard Edition、Windows 2008 -Enterprise Edition、CentOS(バージョン5)、Ubuntu(バージョン10)に対応する(64bit版にも対応)。ディスク容量についてはオプションで追加可能。32bit OSを利用の場合は最大2TB、64bit OSを利用の場合は最大6TBとなる。ネットワークメニューは、VPSインターネット接続と、VPSファイアウォール(KVH VPSのオプション)が提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top