ハーマンインターナショナル、iPhone/iPod/iPad対応Dock接続スピーカー | RBB TODAY

ハーマンインターナショナル、iPhone/iPod/iPad対応Dock接続スピーカー

IT・デジタル 周辺機器

iPad/iPad 2(縦置き)にも対応する「JBL ONBEAT」
  • iPad/iPad 2(縦置き)にも対応する「JBL ONBEAT」
  • iPhone/iPod Touchでは横置き(ランドスケープモード)にも対応
  • Dock接続に対応し音楽再生や自動充電が可能
  • 45mmフルレンジスピーカーユニット 「Phoenix SE」を2基搭載
  • 音質向上のため平行面を排除したデザインに
  • 市販のビデオケーブルで外部モニター接続も可能
 ハーマンインターナショナルは、iPhone/iPod/iPad対応Dockスピーカー「JBL ONBEAT」を発表した。5月下旬の販売予定となり、価格はオープン。予想小売価格は21,000円前後。

 「JBL ONBEAT」は、同社のJBLブランドにおける新機種。iPhone/iPod/iPad、でのDock接続に対応し、音楽再生や自動充電が可能となるほか、USBケーブル(別売)でPCと接続すれば、データ転送(iTunesなどのアプリケーションソフトとの同期)が行なわれる。

 強力なネオジウムマグネットと独自のアルミコーンを搭載した45mmフルレンジスピーカーユニット 「Phoenix SE」を2基搭載し、ワイドレンジ&ハイパワーサウンドを再生する。さらに、音質に悪影響を与える「内部定在波」の発生を抑えるため、平行面を排除した。

 動作確認済機種はiPhone4/iPhone 3GS/iPhone 3G/iPod touch/iPod nano第2世代以降/iPod classic/iPod(第5世代)/iPad/iPad2。iPhone/iPod Touchでは縦置きのほか、横置き(ランドスケープモード)にも対応。Dockコネクタのほか、3.5mmステレオミニ端子と映像出力端子(RCA・コンポジット)を装備した。市販のビデオケーブルで外部モニター接続すれば、iPhone/iPod/iPadに収めたビデオや写真を映し出せる。 

 オーディオ入力はメイン入力がiPod Dockコネクタ×1、外部入力が3.5mmステレオ ミニジャック×1。定格出力は総合13W (6.5W×2)。使用ユニットはPhoenix SEネオジウムドライバー(45mm径)×2。周波数特性は70Hz~20KHz。本体サイズは幅275×高さ150×奥行146mm、重さは900g(本体のみ)。主な付属品は音量調整とiPhone/iPod/iPadの基本操作が可能なワイヤレスリモコンなど。
《》

関連ニュース

特集

page top