Google Chrome 11がリリース……音声入力が利用可能に、アイコンデザインも変更 | RBB TODAY

Google Chrome 11がリリース……音声入力が利用可能に、アイコンデザインも変更

ブロードバンド テクノロジー

「Chrome 11について」画面
  • 「Chrome 11について」画面
  • 初回導入時には検索エンジンの選択が行われる
  • アイコンデザインも平面的なものに変更に
  • Chromeダウンロードページ
  • Chrome 11起動直後の画面
  • Google翻訳はHTML音声入力API対応済み
 グーグルは28日、ブラウザソフト「Chrome」の最新版となる「Google Chrome 11安定版」をリリースした。

 新しいChrome 11は、HTML音声入力APIに対応した。この音声入力はW3C HTML Speech Incubator Groupで提案されているAPIを基に実装されており、対応済みサイトで利用可能となる。そのほかでは、3D描画の高速化などが行われている。

 同社ブログでは、すでにAPI対応済みサイトである「Google翻訳」を使って、音声で入力した文章を他の言語に翻訳する方法を紹介している。Google翻訳にアクセスし、翻訳前と翻訳先の言語を指定したあと、左のテキストボックスの右下にあるマイクのアイコンをクリックして、翻訳したい文章を話すと、自動的に文章が翻訳されて表示されるとのこと。

 なお本バージョンから、アイコンデザインが、以前の立体的なものから、平面的なデザインに変更された。同社ブログでは「Chrome spirit - to make the web quicker, lighter, and easier for all.」(Chromeの理念である「Webをより速く、軽く、簡単に」)を表したとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top