3月の地デジテレビ出荷は震災の影響で前年比マイナス……JEITA調べ | RBB TODAY

3月の地デジテレビ出荷は震災の影響で前年比マイナス……JEITA調べ

IT・デジタル テレビ

「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」の過去1年間の推移(JEITA調べ)
  • 「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」の過去1年間の推移(JEITA調べ)
  • 2011年3月の「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」(JEITA調べ)
  • 2011年(1~3月)の「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」(JEITA調べ)
  • 2010年(1~12月)の「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」(JEITA調べ)
 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2011年3月の「地上デジタルテレビ放送受信機器国内出荷実績」を発表。地上デジタルテレビの出荷台数は、近年では異例の前年同月比マイナスに終わった。

 地上デジタルテレビの出荷台数/前年同月比は215万3千台/97.1%。そのほか、地デジチューナーは35万1千台/247.8%、Blu-rayディスクレコーダーは52万8千台/148.1%、地デジ内蔵PCは9万5千台/133.6%。受信機器全体では337万台となった。

 地上デジタルテレビの出荷台数は、単月として今年初めて200万台を突破。単月で100万台を超えた連続月数は22ヵ月に及んだ。しかし、エコポイント最終月にもかかわらず東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響から、前年同月比でみるとマイナスを記録。JEITAの公表データで前年同月比を確認できる2008年1月以降、マイナス成長となったのは今回が初となり、その影響の大きさがうかがえる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top