KDDI、「auひかり」の新セットトップボックス「ST1100R」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、「auひかり」の新セットトップボックス「ST1100R」提供開始

ブロードバンド その他

「ST1100R」製品画像(本体、本体背面、リモコン)
  • 「ST1100R」製品画像(本体、本体背面、リモコン)
  • 「ST1100R」の仕様
 KDDIは21日、KDDI光ファイバーサービス「auひかり」において、ビデオ・チャンネルサービスの新セットトップボックス (STB)「ST1100R」を発表した。月額レンタル料525円(税込)で6月1日より提供を開始する。

 「ST1100R」は、auひかりに接続し、「auひかり ビデオ・チャンネルサービス」の多チャンネルサービス、、「LISMO Video Store」、NHKオンデマンドのビデオオンデマンドサービス(VOD)を高画質で視聴できるSTB。外付けハードディスクをUSB接続することで、多チャンネルの番組を外付けHDDに録画できる。DLNA対応機器と連携したホームネットワーク機能により、HDDに録画した番組を、他の部屋で視聴することも可能。STBの月額レンタル料には、「LISMO Video Store」で提供するVODを1本無料で視聴できる権利も含まれている。リモコンのオススメキーから1か月分のオススメ番組をチェックできるほか、最長1か月先の番組まで録画予約が可能。また、リモコンのロックキーで簡単に視聴年齢制限のロックと解除ができる。

 現在「auひかり ビデオ・チャンネルサービス」では、人気のチャンネル(全37チャンネル)を組み込んだ「ベーシックチャンネルパック」の月額利用料が最大2か月間無料となるキャンペーンを実施中(6月1日から7月31日までの申込み分が対象)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top