富士通グループ、タッチ感覚で認証できる世界最小・最薄の非接触型静脈センサーを実用化 | RBB TODAY

富士通グループ、タッチ感覚で認証できる世界最小・最薄の非接触型静脈センサーを実用化

エンタープライズ ハードウェア

手をタッチさせるような感覚で認証
  • 手をタッチさせるような感覚で認証
  • 世界最小・最薄となる小型センサー
 富士通、富士通フロンテック、および富士通研究所は19日、指や手の甲を含むさまざまな静脈認証装置のなかで世界最小・最薄(同社調べ)となる、非接触型手のひら静脈認証センサーを実用化したことを発表した。

 非接触かつ反射方式で認証する手のひら静脈認証の優位性を活かし、幅29.0mm、高さ11.2mm、奥行き29.0mmの世界最小・最薄の小型センサーを実現した。また、今回の小型化・薄型化に向け、撮影に使用する内蔵の部品について、均一な照度分布を実現する薄型の照明系、厚さが従来比2分の1以下の撮影光学系を新たに設計した。

 機能面では、手のひら静脈を毎秒約20枚連続撮影できる高速撮影機能、また、そのなかから認証に最適な画像を瞬時に選び出して自動的に照合する機能を搭載した。これにより、従来のセンサーのように、手のひらを静止させるのではなく、タッチさせるような感覚で認証することが可能なため、操作性も飛躍的に向上したという。

 手のひら静脈は、指静脈などと比べて静脈の本数が多く複雑な形状のため情報量に富むことから、本人拒否率0.01%、他人受入率0.00008%といった高い認識率となっている。その一方で非接触型であることは、利用者にとっての心理的負担の軽減につながる点などを富士通は優位性としてあげている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top