米アップル、第2四半期の業績発表に伴うカンファレンスコールをライブ配信 | RBB TODAY

米アップル、第2四半期の業績発表に伴うカンファレンスコールをライブ配信

IT・デジタル その他

日本時間21日朝6時から配信されるカンファレンスコール
  • 日本時間21日朝6時から配信されるカンファレンスコール
  • 第1四半期の好成績は大きな話題となった
 米アップルは、第2四半期の業績発表に伴うカンファレンスコールを、米国西部時間20日午後2時(日本時間21日午前6時)から、ライブストリーミング配信を行なう。

 配信はQuickTime 6/7が利用できるiPad/iPhone/iPod touch/その他Mac/PCで視聴可能(www.apple.com/quicktime/qtv/earningsq211)。配信されるのは、カンファレンスコール(電話会議)の音声のみ。ライブ配信後は、2週間の再配信を予定している。

 米国西部時間1月18日に発表された第1四半期の業績発表では、売上高267億4,000万ドル、純利益60億ドルとともに過去最高を記録。これを受けての第2四半期業績は投資家を始め多方面から注目を集めている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top