葛飾区の金町浄水場、24日朝の放射性物質は基準値を下回る | RBB TODAY

葛飾区の金町浄水場、24日朝の放射性物質は基準値を下回る

ブロードバンド その他

24日午前6時に採水された水道水の測定結果
  • 24日午前6時に採水された水道水の測定結果
 東京都水道局は24日、東京都葛飾区の金町浄水場にて、同日午前6時に採水した水道水の放射能測定結果を発表した。

 検出された放射性ヨウ素は79Bq/kgで、乳児の飲用に関する暫定的な基準値である100Bq/kg下回った。22日の午前9時に採水された水道水からは、基準値を超える210Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されていたが、2日の間に基準値以下まで下がったことになる。金町浄水場の配水区域は、東京23区および武蔵野市、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市。

 基準値は下回ったが、都は翌25日も引き続き、550ml入りペットボトル24万本を23区と武蔵野市、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市へ搬送し、乳児(約8万人)のいる家庭1人当たり3本を提供していく。
《RBB TODAY》

特集

page top