富士フイルム、高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」が国内供給不足に | RBB TODAY

富士フイルム、高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」が国内供給不足に

IT・デジタル デジカメ

「FinePix X100」
  • 「FinePix X100」
  • 背面の液晶部
  • 天面の操作部
 富士フイルムは、5日に販売を開始したデジタルカメラ「FinePix X100」と専用オプションのレザーケース「LC-X100」、レンズフード「LH-X100」について、現在国内供給不足にあると発表した。

 同社はその理由を「予定数量を上回る注文のため」とし、現在は増産体制をとり注文済み顧客への対応を最優先にした商品供給を行なうとしている。

 「FinePix X100」は、クラシカルなボディと最新機能のマッチングにより、発売前から注目を集めていたモデル。有効画素数1,230万画素CMOSセンサーと単焦点23mm(35mm判換算約35mm)レンズ「フジノン23mm F2レンズ」を搭載するほか、光学ファインダーと電子ビューファインダーの切替えを可能にした「ハイブリッドビューファインダー」を世界初搭載した。ディスプレイは2.8型液晶。

 保存形式は静止画がJPEG/RAW/RAW+JPEG、動画は1,280×720ピクセル(24フレーム/秒)の撮影が可能で、H.264 規格に準拠(MOV)。ステレオ音声となる。約20MBのフラッシュメモリを内蔵するほか、SD/SDHC/SDXCカードの外部メモリに対応する。

 予想実売価格は12万8,000円前後。専用レザーケース「LC-X100」は1万2,000円前後、専用レンズフード「LH-X100」が1万円前後。
《小口》

関連ニュース

特集

page top