HOYA、3種類のデザインが楽しめるコンパクトデジカメ「PENTAX Optio S1」 | RBB TODAY

HOYA、3種類のデザインが楽しめるコンパクトデジカメ「PENTAX Optio S1」

IT・デジタル デジカメ

「PENTAX Optio S1」クローム
  • 「PENTAX Optio S1」クローム
  • ブラック
  • グリーン
  • 背面の液晶
 HOYAは、手のひらサイズで、3色のカラバリごとにデザイン仕上げの異なるスタイリッシュなコンパクトデジタルカメラPENTAX Optio S1」を発表。3月26日から発売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格は17,800円。

 同製品は、「PENTAX(ペンタックス)ブランド」のコンパクトデジタルカメラ「Optio(オプティオ)」のスタンダードモデル。本体サイズが幅90.5×高さ54.5×奥行き20.5mm(操作部材/突起部を除く)で重さが約126g(バッテリ/SDカード含む)の小型・軽量ボディに、光学5倍ズームレンズと有効画素数1,400万画素の1/2.3型CCDを搭載した。

 本体カラーはクローム/ブラック/グリーンの3色をラインアップ。クロームは外装に、鏡面仕上げのメッキ加工を施した質感の高いアルミ合金を採用。ブラックとグリーンにはそれぞれ質感の異なる光沢塗装を施した。また、鏡筒配色は本体カラーに合わせて異なり、製品名称をレーザー彫刻により精密に刻印するなど、本体カラーごとにデザインにこだわっているという。

 そのほかの特長として、「撮像素子シフト式手ぶれ補正」「高感度モード」「Movie SR機能」の3種類の手ぶれ軽減機能を搭載。1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能(フレームレート30コマ/秒)には背面に独立した動画撮影ボタンを用意する。

 また、「人物」「風景」「青空」「夕焼け」など合計14シーンを認識して撮影設定を最適化する「オートピクチャーモード」や、笑顔を判別して自動的に撮影する「スマイルキャッチ」などを装備。トイカメラやレトロなど、カメラ内で画像にさまざまな加工処理を施して楽しめる9種類のデジタルフィルター機能も備えた。

 焦点距離は35mm判換算で28~140mm相当、F値はF3.9(ワイド)~F5.7(テレ)。液晶ディスプレイは2.7型で、約42.7MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応。バッテリはリチウムイオン充電池。付属品は充電式リチウムイオンバッテリ/本体充電アダプタ/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top