KDDI、法人向けAndroidセキュアプラットフォーム事業を推進……米モトローラ・モビリティ子会社3LMと提携 | RBB TODAY

KDDI、法人向けAndroidセキュアプラットフォーム事業を推進……米モトローラ・モビリティ子会社3LMと提携

エンタープライズ モバイルBIZ

Three Laws of Mobility社サイト(画像)
  • Three Laws of Mobility社サイト(画像)
 KDDIと米モトローラ・モビリティ社の子会社であるThree Laws of Mobility, Inc.(3LM)は1日、3LMが開発したAndroid搭載デバイス向けセキュアプラットフォームを採用したセキュリティ管理サービスを、KDDIが提供することについて合意した。

 3LMが開発したAndroid搭載デバイス向けセキュアプラットフォームは、OSレベルでのセキュリティ機能を実現するもの。管理者によるリモートでの端末制御や位置情報管理、アプリケーション管理をはじめ、カメラなどのデバイス管理も可能な「モバイルデバイスマネジメント」、Android搭載デバイスとユーザシステム間のデータ通信を暗号化してセキュアなイントラアクセスを実現する「セキュアエンタープライズリンク」、端末内およびSDカード内のデータを暗号化し、マルウェアから端末を保護する「Androidデバイスマネジメント」といった3つの特長を備えている。

 すでに複数の携帯電話メーカーが、3LMのパートナーとして同プラットフォームの採用を表明しており、KDDIは、2011年8月を目処に、セキュリティ管理サービスを法人向けにトライアル提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top