ニュージーランドで合宿中の赤羽有紀子選手、ブログで地震の恐怖語る「大きく地割れも」 | RBB TODAY

ニュージーランドで合宿中の赤羽有紀子選手、ブログで地震の恐怖語る「大きく地割れも」

エンタメ スポーツ
「部屋の中の食器やガラスが割れ、電気、水道もすべて止まった」と地震の大きさを伝えている赤羽有紀子選手のブログ
  • 「部屋の中の食器やガラスが割れ、電気、水道もすべて止まった」と地震の大きさを伝えている赤羽有紀子選手のブログ
  • 前日の日記では福士加代子選手の練習風景も撮影し掲載している
  • 2月9日の日記に「今年もクライストチャーチにやってきました」と現地に来たことを報告している
 ニュージーランドのクライストチャーチで22日に起きた大規模地震では、日本人留学生らの安否が心配されるが、現地で合宿中だった女子マラソンの赤羽有紀子選手もブログでその恐怖を語っている。

 ブログによれば、赤羽選手は昼食後、午後の練習の準備をしていたところに地震に遭ったという。そのときの様子を「部屋の中で立っていられない程の揺れで、ホテル外の路面は大きく地割れがおこり、同時に液状化現象も起こりました。部屋の中の食器やガラスが割れ、電気、水道もすべて止まりました。主要道路は冠水し、泥水があふれ、大渋滞もおきていました」と書いており、地震の大きさがうかがえる内容となっている。

 その後も余震が続いているようで、「最初の地震と同レベルの地震も2、3回発生しています。今も余震がありました」と余震の中でブログを更新したようだ。

 そして「地震発生から7時間後、利用していた宿舎は電気の復旧目処が立たず、また安全面でも不安があるという判断で、クライストチャーチ内で比較的被害の少ない地域に移動して参りました。ここは電気だけは復旧しております。ご心配をおかけしましたが、選手、スタッフ、全員無事で怪我もありません」と同行している選手、スタッフは無事だったことを伝えている。

 また、「こちらは電話回線が非常に混み合っております。どうか、緊急連絡以外で、選手やスタッフに電話することはお控え頂きたいと思います」と冷静な行動も呼びかけており、ベテラン選手らしい配慮もうかがえる。現地からは被害の大きさも次々と伝わっており、被災者の無事をお祈りしたい。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top