レノボ、AMDの統合型プロセッサ「Fusion APU」搭載の液晶一体型PC | RBB TODAY

レノボ、AMDの統合型プロセッサ「Fusion APU」搭載の液晶一体型PC

 レノボ・ジャパンは22日、AMDの最新プロセッサ「Fusion APU」を採用したデスクトップPC「Lenovo C205」を発表。3月11日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50000円前後。

IT・デジタル デスクトップPC
Lenovo C205(メタリックホワイト)
  • Lenovo C205(メタリックホワイト)
  • Lenovo C205(メタリックホワイト)
  • Lenovo C205(ダイヤモンドブラック)
  • Lenovo C205(ダイヤモンドブラック)
 レノボ・ジャパンは22日、AMDの最新プロセッサ「Fusion APU」を採用したデスクトップPC「Lenovo C205」を発表。3月11日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は、CPUコアとGPUコアを統合したAMD最新プロセッサ「Fusion APU」の「E-350」(1.6GHz)を採用。GPUコアは「Radeon HD 6310」を搭載しDirectX 11に対応するため、動画などのコンテンツを快適に楽しめるという。また、CPUコアには低電力デュアルコアを採用し、低消費電力性も向上しているという。

 18.5型液晶ディスプレイとの一体型で、本体サイズは幅461×高さ385×奥行き167mmのスリムデザイン。解像度は1,366×768ピクセル、LEDバックライトを採用する。メモリは2GB(最大2GB)、HDDは320GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)、OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版)。

 そのほか、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANやIEEE 802.11b/g/nの無線LAN、30万画素webカメラなどを搭載。インターフェースはUSB2.0×5/マイク/ヘッドホン/5in1メディアカードリーダーなど。重さは約5.8kg。付属品はキーボード/マウス/電源コード/接地(アース)端子付き電源プラグなど。カラーはメタリックホワイト/ダイヤモンドブラックの2色。
《》

関連ニュース

特集

page top