レノボ、第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」……Core i5で7万円前後 | RBB TODAY

レノボ、第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」……Core i5で7万円前後

IT・デジタル フォトレポート
第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • 第2世代Core iシリーズ搭載の「Lenovo G570」
  • キーボードはテンキー装備の独立型キー
  • 「Lenovo G560e」
 レノボ・ジャパンは22日、15.6型液晶(1,366×768ピクセル)を搭載したスタンダードノート「Lenovo G570」と「Lenovo G560e」を発表。前者を3月11日に、後者を2月25日に発売する。価格はオープン。

 「Lenovo G570」は2ラインアップで、それぞれ第2世代のCore iシリーズのCPUを搭載した。上位モデルがCore i5-2410M(2.3GHz)、640GB HDD、4GBメモリ(最大8GB)で予想実売価格は70,000円前後。下位モデルがCore i3-2310M(2.1GHz)、500GB HDD、2GBメモリ(最大8GB)で予想実売価格は60,000円前後。

 web接続することなく、LAN/WLAN/AdHoc経由で同一ネットワーク内にあるノートPCの特定フォルダを同期可能な「Lenovo DirectShare」に対応。また、システム復元やデータ回復を専用キーを押すことで行なえる「OneKey Rescue System」や、顔認識技術の「VeriFace」などを搭載した。

 おもな仕様は共通で、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、無線LANは802.11b/g/n、有線LANは100BASE-TX/10BASE-T。インターフェースは5 in 1カードリーダー/USB2.0×4/ミニD-sub15ピン/HDMI/マイク/ヘッドホンなど。ほか、30万画素webカメラを搭載し、キーボードにはテンキーを装備した。最大駆動時間は約6.2時間(Core i5モデル)、本体サイズは幅376.8×高さ17.3~34.9×奥行き249.8mm、重さは2.6kg。

 「Lenovo G560e」は、デュアルコアのCeleron T3500(2.1GHz)を搭載したエントリーノートで、予想実売価格は5万円を切る45,000円前後。「Lenovo DirectShare」「OneKey Rescue System」「VeriFace」など、おもな機能は「Lenovo G570」と共通する。

 OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版、メモリは2GB(最大8GB)、HDDは320GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチ。無線LANは802.11b/g/n、有線LANは100BASE-TX/10BASE-T。インターフェースは5 in 1カードリーダー/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホンなど。ほか、30万画素webカメラを搭載し、キーボードにはテンキーを装備した。最大駆動時間は約5.1時間、本体サイズは幅376.8×高さ17.3~34.9×奥行き249.8mm、重さは2.6kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top