キヤノン、「EOS Kiss」の春モデル……エントリー機はレンズキットで6万円前後 | RBB TODAY

キヤノン、「EOS Kiss」の春モデル……エントリー機はレンズキットで6万円前後

 キヤノンは7日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss」の新製品として、有効画素数約1,800万画素「EOS Kiss X5」と約1,220万画素「EOS Kiss X50」を発表。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
「EOS Kiss X5」
  • 「EOS Kiss X5」
  • バリアングル液晶ディスプレイのイメージ
  • 「EOS Kiss X50」ブラック
  • 「EOS Kiss X50」レッド
 キヤノンは7日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラEOS Kiss」の新製品として、有効画素数約1,800万画素「EOS Kiss X5」と約1,220万画素「EOS Kiss X50」を発表。価格はオープン。

 各製品ラインアップと発売日、予想実売価格として、EOS Kiss X5は3月3日からの発売で、ボディ単体が90,000円前後、「EOS Kiss X5・EF-S18-55 IS II レンズキット」が100,000円前後、「ダブルズームキット」(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」)が130,000円前後。

 EOS Kiss X50は3月下旬からの発売で、ボディ単体が50,000円前後(受注生産)、「EOS Kiss X5・EF-S18-55 IS II レンズキット」が60,000円前後、「ダブルズームキット」(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」)が90,000円前後、「こだわりスナップキット」(「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」「EF50mm F1.8 II」)が70,000円前後。

■バリアングル液晶ディスプレイ搭載「EOS Kiss X5」

 2010年2月発売の「EOS Kiss X4」と同様の基本性能を持つレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。大きな違いは液晶ディスプレイをバリアングル式にした点。液晶ディスプレイが横開きになるほか、上下/左右に角度調整が可能となっており、ローアングルやハイアングルでも姿勢に無理なく撮影できる。

 「EOSシリーズ」としては2010年9月発売の「EOS 60D」で初めて搭載され、「EOS Kissシリーズ」としては今回の「X5」が初搭載モデルとなる。

 おもな特長として、シーンに応じて最適な画像が得られる「シーンインテリジェントオート」機能を搭載。「EOSシーン解析システム」が撮影シーンの状態を解析し、露出やピントなどに新たにピクチャースタイル(色合い)を加えた5つのオート機能が連動。「自然や屋外」「人物」「夕景」などの多彩なシーンに応じて、最適な画像を得られるようにする。

 解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDでの動画撮影機能がさらに強化。数秒の単位で撮影した複数のシーンをつなげてBGMをつけたショートムービーを簡単に作ることができる「ビデオスナップ」機能や、最大約10倍までのズームが行える「動画デジタルズーム」機能を備えた。

 撮像素子は約1,800万画素CMOSセンサー、撮像画面サイズは約22.3~14.9mm、映像エンジンは「DIGIC 4」、レンズマウントはEF(EF-Sレンズを含む)、記録形式は動画がJPEG/RAW/JPEG+RAW、動画がMPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式(MOV形式)、記録メディアはSD/SDHC/SDXC、ISO感度は100~6,400(静止画は感度拡張12,800に対応)。ディスプレイは3型液晶。インターフェースはHDMI/USB/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅133.1×高さ99.5×奥行き79.7mm、重さは約570g(メモリカード/バッテリ含む)。

■ダブルズームレンズキットが実売10万円を切る「EOS Kiss X50」

 約1,220万画素CMOSセンサーと映像処理エンジン「DIGIC 4」を搭載しつつ、実売がボディ単体で5万円前後、ダブルズームレンズキットでも9万円前後というレンズ交換式デジタル一眼レフカメラのエントリーモデル。本体カラーはブラッド/レッドの2色をラインアップした。

 ISO感度は100~6,400に対応し、最高約3コマ/秒の連写とピント合わせが速い9点オートフォーカスを採用。「くっきり鮮やかに」「ふんわりやわらかく」「ほの暗くひっそりと」「モノクロ」など9種類の雰囲気から仕上がりイメージをセレクトして撮影できる「表現セレクト機能」をはじめ、カンタン操作で背景ボケが楽しめる「クリエイティブ全自動」、各種機能の設定や操作方法を液晶ディスプレイ上でガイダンスする「機能ガイド」など多彩な機能を装備。解像度1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能を備えた。

 撮像画面サイズは約22~14.7mm、レンズマウントはEF(EF-Sレンズを含む)、記録形式は動画がJPEG/RAW/JPEG+RAW、動画がMPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式(MOV形式)、記録メディアはSD/SDHC/SDXC。ディスプレイは2.7型液晶。インターフェースはHDMI/USB/など。本体サイズは幅129.9×高さ99.7×奥行き79.7mm、重さは約495g(メモリカード/バッテリ含む)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top