カメラ操作を向上させた1,620万画素の「Cyber-shotケータイ S006」 | RBB TODAY

カメラ操作を向上させた1,620万画素の「Cyber-shotケータイ S006」

IT・デジタル スマートフォン
Cyber-shotケータイ S006
  • Cyber-shotケータイ S006
  • Cyber-shotケータイ S006
  • 多彩な撮影モード
  • アイコンのカスタマイズは10項目から選択
  • 北川景子
  • CMに登場する北川景子
 5日からCMの放送がはじまるソニー・エリクソンの「Cyber-shotケータイ S006」は世界初の1,620画素をうたう。

 液晶サイズは約3.3インチで、CPUにSnapdragon 1GHzを搭載する。CMOSセンサーにはソニー独自のExmor Rを採用。受光面と配線面の配置を逆転させるなどして、入射光を効率利用を図った。また、逆光時にも黒つぶれを防ぐ“Dレンジオプティマイザー”を搭載する。

 カメラはサイドのシャッターキーを長押しすることで起動。画面のタッチ操作で撮影などを行える。また、液晶に表示されるアイコンは自分の使いやすいようにカスタマイズすることもできる。撮影モード、サイズ、明るさなど10項目を良く使うアイコンに設定できる。フォーカスは静止画撮影時は、コンティニュアスオートフォーカスとして追尾することができる。また、撮影した画像の閲覧はタッチ操作で送り/戻しのフリック操作が可能だ。

 ほかに、IPX5/IPX7等級の防水機能、Wi-Fi WIN、Bluetooth、GSM/CDMAデュアルローミングなどの対応が挙げられる。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top