社長の出身大学で28年連続トップとなった大学は!? | RBB TODAY

社長の出身大学で28年連続トップとなった大学は!?

 帝国データバンクは、2010年の全国の社長交代率を調査した。同調査は同社の企業概要ファイル「COSMOS2」(約135万社収録)から抽出した121万3,263人の社長(個人経営の代表者を含む)を対象に行ったもの。

ブロードバンド その他
社長交代率の推移
  • 社長交代率の推移
  • 社長の年代別構成比の推移
  • 社長の平均年齢の推移
  • 出身大学別の社長数ランキング
  • 出身地別の社長数ランキング
  • 出身地別人口10万人あたり社長数ランキング
  • 女性社長交代率の推移、年代別構成比、平均年齢
 帝国データバンクは、2010年の全国の社長交代率を調査した。同調査は同社の企業概要ファイル「COSMOS2」(約135万社収録)から抽出した121万3,263人の社長(個人経営の代表者を含む)を対象に行ったもの。

 2010年(1月~12月)の社長交代率は2.47%(121万3,263人のうち2万9,947人)となり、過去最低であった2008年(2.84%)より0.37ポイント低下し、過去最低を更新した。

 社長の生まれた年代別構成比をみると、「明治生まれ」が0.01%(111人)で前年と横ばい、「大正生まれ」が1.16%(1万4,056人)となり、前年比で0.23ポイント下がっている。一方、「昭和生まれ」は98.83%(119万9,070人)となり、前年比で0.23ポイント上昇した。「平成生まれ」も26人いた。

 社長の平均年齢は59歳7ヵ月となり、前年(59歳5ヵ月)から2ヵ月上昇。81年以降30年連続で上昇している。出身大学別にみると、「日本大学」が2万6,099人となり、1983年の調査開始以来28年連続トップとなった。以下、2位は10年連続で「慶應義塾大学」(1万3,613人)、3位は「早稲田大学」(1万2,866人)、4位は「明治大学」(1万1,183人)、5位は「中央大学」(1万356人)と続いた。

 出身地別にみると、トップは「東京都」で10万882人。以下、2位は「北海道」(6万2,227人)、3位は「大阪府」(5万9,176人)、4位は「愛知県」(5万3,387人)、5位は「福岡県」(4万2,778人)と続いた。出身地別社長数を各都道府県の人口と照らし合わせ、“人口10万人あたり何人の社長が輩出されているか”を調べると、「福井県」が1,752人(前年1,681人)となり、当項目の調査を開始した82年以降、29年連続でトップとなった。以下、2位は「山梨県」(1,535人)、3位は「富山県」(1,421人)と続いている。隣接大都市部に通勤する“サラリーマン家庭”が多い「埼玉県」(439人)、「千葉県」(453人)、「神奈川県」(455人)の3県は、それぞれ47位、46位、45位と低い数値となっている。

 女性社長の交代率は3.30%(対象となった7万1,314人のうち2,355人)と、前年(3.83%)より0.53ポイント下回り、男性社長の交代率を0.88ポイント上回っている。全社長数に占める女性社長の比率は、女性の社会進出定着などから2002年以降、わずかながら上昇傾向にあり、2010年も5.88%で前年より0.1ポイント上昇した。また、平均年齢は61歳10ヵ月(前年61歳9ヵ月)、年代別構成比は「明治生まれ」が0.04%(31人)、「大正生まれ」が3.38%(2,412人)、「昭和生まれ」が96.56%(6万8,862人)、「平成生まれ」が9人(0.01%)となった。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top