PayPalを騙る日本語フィッシングサイトが稼働中…フィッシング対策協議会が注意喚起 | RBB TODAY

PayPalを騙る日本語フィッシングサイトが稼働中…フィッシング対策協議会が注意喚起

 フィッシング対策協議会(運営・事務局:一般JPCERTコーディネーションセンター)は27日、緊急情報「PayPalを騙るフィッシング(2011/01/27)」を公開した。

エンタープライズ セキュリティ
偽サイトは、本物の画像・ロゴを流用したうえ、日本語で作られている
  • 偽サイトは、本物の画像・ロゴを流用したうえ、日本語で作られている
  • PayPalを騙るフィッシングメールの内容
 フィッシング対策協議会(運営・事務局:一般JPCERTコーディネーションセンター)は27日、緊急情報「PayPalを騙るフィッシング(2011/01/27)」を公開した。

 それによると、PayPalを騙るフィッシングのメールが流通しているとのこと。メールの件名は「Invoice - Pending Authorization」「Invoice - Your Payment Is Pending」などで、PayPalアカウントを騙り、Skype Incへの支払いを問い合わせ、偽サイトに誘導。「1600円が振り込まれたが、間違いであればPayPalにログインして確認してほしい」といった内容の英語テキストになっている。

 メールの本文は英語ながら、そこから誘導されるサイトは日本語で構築されており、現在も稼働中。サイトのURLは「http://champion-●●●●●.com/img/e-link/jp/index.html」「http://champion-●●●●●.com/img/amry/cancel/index.html」など、あきらかに不審なものが使われているとのこと。

 協議会では、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査・対応を依頼したとしている。またこのようなフィッシングサイトに誘導するメールを受けとった場合、メール上に記載されているURLにアクセス(クリック)しないこと、サイトにて個人情報などを絶対に入力しないことを呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top