シャープ、フォトフレーム一体型の電話機「インテリアホン」の第3弾 | RBB TODAY

シャープ、フォトフレーム一体型の電話機「インテリアホン」の第3弾

IT・デジタル 周辺機器

「インテリアホン」
  • 「インテリアホン」
  • 画面操作はタッチキーで行なう
  • 写真の表示例
 シャープは27日、デジタルフォトフレーム一体型の電話機として「インテリアホン」(型番:JD-3C1CL/CW)を発表。2月18日に発売する。予想実売価格は子機1台タイプが17,000円前後、子機2台タイプが25,000円前後。

 同製品は、2.8型カラー液晶を子機の待ち受け台座に搭載した電話機。これまで7型タッチパネル液晶タイプ、4.3型タッチパネル液晶タイプを発売済みで、今回は第3弾となる。

 電話着信時に、相手の写真を画面に表示する「フォト着信」機能に対応。また、これまでのシリーズにも搭載された「フォト電話帳」も継続搭載している。7種類のカレンダー、13種類の時計を用意した。写真データは400枚保存可能(内蔵メモリに保存した場合)。

 本体サイズは幅149×高さ165×奥行き92mmで、従来製品と比較して本体面積を約20%削減しコンパクト化。子機の重さは約112g。外部対応メディアはSD/SDHCカードで、本体内蔵メモリは64MB。カラーはホワイト系/ブラウン系/グリーン系の3色。
《小口》

関連ニュース

特集

page top