NTTドコモ、中国チャイナモバイル社・韓国KT社と3社事業協力契約を締結 | RBB TODAY

NTTドコモ、中国チャイナモバイル社・韓国KT社と3社事業協力契約を締結

エンタープライズ 企業

KT社サイト(画像)
  • KT社サイト(画像)
  • チャイナモバイル社サイト(画像)
 NTTドコモと、中国の通信事業者であるチャイナモバイル社(China Mobile Communications Corp.)、韓国の通信事業者KT Corp.は19日、3社による事業協力関係の構築に合意し、協力に関する契約を締結したことを公表した。

 3社は「日中韓協力委員会」を設立し、ネットワーク技術やプラットフォームの連携などについて事業協力の検討を行う。具体的な協力分野としては、国際ローミング、法人サービス、LTEなどのネットワーク技術、スマートフォン、サービスプラットフォームの共通化などがあげられている。

 チャイナモバイル社は、株主資本が518億元(約6366億円)、従業員数14万人超で中国における移動通信事業シェア第1位。KT社は、株主資本が10兆9580億ウォン(約7845億円)で従業員数3万人超で韓国での市場シェアは固定・ブロードバンド第1位、モバイル2位となっている(資本、社員数ともに2010年時点)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top