マカフィー、2010年のウィルス検知ランキング | RBB TODAY

マカフィー、2010年のウィルス検知ランキング

ブロードバンド セキュリティ

2010年ウィルス検知データ数トップ10
  • 2010年ウィルス検知データ数トップ10
  • 2010年ウィルス検知マシン数トップ10
  • 2010年ウィルス検知会社数トップ10
 マカフィーは14日、2010年のコンピュータウイルス、不審なプログラムの検知データの集計を発表した。

 同社では、2010年はショートカットの脆弱性を悪用した脅威が新たに出現した点を挙げている。ウイルス検知データ数の4位にランクインしたExploit-CVE-2010-2568は、昨年の夏ごろ発見されたWindowsのショートカットの脆弱性を悪用するマルウェア。脆弱性が未修正の場合、不正なショートカットを含むフォルダをエクスプローラー(Explorer)で閲覧するだけでマルウェアに感染する。また、脆弱性を悪用してWebからマルウェアを感染させる「Drive-by-Download 攻撃」は、現在も継続して発生しているとしている。

 ちなみにウィルス検知データ数のトップ10は以下の通り

1位 W32/Almanahe.c
2位 W32/Conficker.worm.gen.a
3位 W32/Conficker.worm!job
4位 Exploit-CVE-2010-2568
5位 Generic PWS.ak
6位 Generic!atr
7位 W32/Pate.b
8位 Generic PWS.y!bzn
9位 X97M/Laroux.a.gen
10位 DNSChanger.at
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top