KDDI、米ニューヨーク・マンハッタン島にデータセンター開設……「TELEHOUSE NEW YORK Chelsea」 | RBB TODAY

KDDI、米ニューヨーク・マンハッタン島にデータセンター開設……「TELEHOUSE NEW YORK Chelsea」

エンタープライズ ハードウェア

データセンター外観
  • データセンター外観
  • TELEHOUSEグローバルマップ
 KDDIの米州現地法人であるTELEHOUSE AMERICAは11日、ニューヨークに「TELEHOUSE NEW YORK Chelsea」(テレハウス ニューヨーク チェルシー)を開設することを発表した。「TELEHOUSE」グローバルスタンダード準拠のサービスを24日より開始する。

 「TELEHOUSE NEW YORK Chelsea」は、TELEHOUSE AMERICAが、米国内で4番目のデータセンターとして開設する、総床面積5,600平方メートルを有する大規模データセンター。ニューヨーク市マンハッタン島内の再開発エリア、チェルシー地区に位置する。万一の停電に備える高性能の電力供給システムやUPS(無停電電源装置)、自家発電設備を完備する他、24時間体制の警備員配置およびマントラップを備えたセキュリティゲートによる入退室管理などのセキュリティ対策を施しているのが特徴。なお、すでにニューヨークで展開する「TELEHOUSE NEW YORK Broadway」および「TELEHOUSE NEW YORK Teleport」と高速バックボーン回線で接続するため、NYIIX(NEW YORK International Internet Exchange)との大容量接続も可能。

 基本サービスとしては、「ラックコロケーション」「ケージコロケーション」「オープンコロケーション(1ラックスペース単位)」を提供。オプションとして、「お客さま作業代行サービス」「ICTサービス」を提供する。英語・日本語の双方に対応する。なおこれにより、「TELEHOUSE」ブランドのデータセンターは、世界の9地域、12都市、19サイト (約118,000平方メートル)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top