【iEXPO2010(Vol.13)】EVで注目集めるスマート充電ステーション!実物大の実験用システムを展示 | RBB TODAY

【iEXPO2010(Vol.13)】EVで注目集めるスマート充電ステーション!実物大の実験用システムを展示

 「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2010」会場のエネルギー関連のコーナーでは「EV社会インフラ」のデモが確認できた。

エンタープライズ ハードウェア
充電口
  • 充電口
  • エネルギーコーナー
  • スマート充電ステーションのブース
  • スマート充電ステーションの実験用システム
  • 充電口
  • マルチカード・リーダ/ライタ
  • 液晶画面で情報をチェック
 「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2010」会場のエネルギー関連のコーナーでは「EV社会インフラ」のデモが確認できた。12月に発売予定の日産リーフで注目度が高まってきたEVインフラだが、同コーナーでは実物大のスマート充電ステーションを用意した。

 充電ステーションにはマルチカード・リーダ/ライタを搭載し電子マネーや会員カードをかざすことによってユーザーを特定し支払いできるような実験用のシステムだ。カードをかざすと電子マネーで支払うか、会員として支払うかなどのメッセージが登場し、それを選択することによって充電できるような状態になる。なお、スタートあるいはストップ、充電の進行具合はその上にある液晶画面でチェックする。

 充電した時間、電力消費などはセンターに送られる。様々な場所に置かれた充電ステーションはNECのクラウドで制御される。

 クラウドで制御されることによって、どの充電器が空いているかといった情報により最寄りの充電ステーションを見つけたり、いつも利用している充電ステーションの待ち時間を確認するといったことも可能になる。決済システムにより付加価値サービスの提供も生まれてくる。

{{{
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top