NEC、クラウドサービス事業でSAP社と協業 | RBB TODAY

NEC、クラウドサービス事業でSAP社と協業

エンタープライズ 企業

 日本電気(NEC)は4日、独SAP AGと、クラウドサービス事業での新たな協業に合意した。ERPパッケージソフト「SAP ERP」の機能をクラウドサービス形式で顧客企業に提供開始する。

 今回の協業により、NECは、日本国内に加え海外主要地域に展開しようとしている「クラウド指向データセンター」(CODC、Cloud Oriented Data Center)における企業等の基幹領域のアプリケーションソフトウェアとして「SAP ERP」を採用し、「SAP ERP」の機能をクラウドサービスとして月額利用料方式で提供する。

 NECは、このSAP社のクラウドサービスの最初のパートナーとなり、同時に、SAPアプリケーションのサービス提供拠点となるデータセンターをSAP社が独自の視点で認定する「SAP Cloud Services-Certified」を、日本ベンダーとして初めて取得した。

 NECは第一弾として、日系企業の各拠点に対し、SAP社の認定を受けたCODCを活用して「SAP ERP」の機能を提供。世界の他地域の企業に対する事業展開も検討を進めているという。なお、対象領域は経理領域からスタートし、販売・購買等の領域にも順次拡大する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top