日本HP、国内初となるWindows Embedded Standard 7搭載シンクライアント「t5740e」を発表 | RBB TODAY

日本HP、国内初となるWindows Embedded Standard 7搭載シンクライアント「t5740e」を発表

エンタープライズ ハードウェア

HP t5740e Thin Client
  • HP t5740e Thin Client
  • HP t5570 Thin Client
  • HP 4320t Mobile Thin Client
  • HP t5740e Thin Clientスぺック
 日本ヒューレット・パッカードは25日、Windows 7ベースの最新組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」を搭載したシンクライアント「HP t5740e Thin Client」を発表した。10月28日から販売を開始する。

 「t5740e」は、「Windows Embedded Standard 7(WES7)」を国内で初めて標準搭載したシンクライアント(同社調べ)。ハードウェアの基本構成は、従来モデルの「t5740」と共通だが、OS搭載のフラッシュメモリを4GB、メインメモリを2GBと大容量化しつつ、低価格化を実現した。WES7は、直観的な操作が可能なAeroインターフェイスなどWindows 7と共通のインターフェイスを備え、Internet Explorer 8.0、Windows Media Player 12を搭載する。また、画面転送プロトコルに、動画再生に強いRemote Desktop Protocol 7.0(RDP7)を搭載し、セキュアなインターネットプロトコル・IPv6をサポートしている。同社では、現在販売中の「HP 4320t Mobile Thin Client」でもWES7を採用し、同OS搭載モデルを販売開始するとしている。

 あわせて同日、日本HPはコストパフォーマンスを高めたスタンダードモデル「HP t5570 Thin Client」を発表した。「t5570」は、「t5630w」の後継となるシンクライアントのスタンダードモデル。搭載プロセッサーをVIA Eden(1GHz)から最新のVIA Nanou3500(1GHz)に変更することにより、OSは従来のWindows Embedded Standard 2009を搭載したまま、従来モデル比約2倍のパフォーマンスを実現した。搭載チップセットのVX900はハードウェア・マルチメディアアクセラレーターを搭載、滑らかなマルチメディア再生が可能となっている。また、DVI-D+DVI-Iの2種類の映像出力端子を搭載し、デュアルディスプレイに対応した。さらに、今回よりWi-Fi搭載モデルも選択可能となった。

 これらの最新製品には、ウィザード形式で端末の設定が簡単に行える管理ツール「HP Easy Tools」がプリインストールされる。従来、コントロールパネルの各項目で1つ1つ設定する必要があった各デバイスの設定、ネットワーク設定などを一括して行える。その他、最新製品には、接続可能なネットワークを一覧して管理できる「HP Connection Manager」、日本語化によって使いやすくなったリモート管理ツール「HP Device Manager」などが標準搭載される。

 価格はHP t5740e Thin Clientが税込50,400円~、HP t5570 Thin Clientが30,450円~、HP 4320t Mobile Thin Client(Windows Embedded Standard 7モデル)が81,900円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top