カシオ、HDRアート搭載デジカメの「EXILIM」……高速連写&超スロー映像撮影機能付き | RBB TODAY

カシオ、HDRアート搭載デジカメの「EXILIM」……高速連写&超スロー映像撮影機能付き

IT・デジタル デジカメ

「EX-ZR10 SR」シルバー
  • 「EX-ZR10 SR」シルバー
  • 「EX-ZR10 BK」ブラック
  • 上から通常撮影/HDR撮影/HDRアート撮影
 カシオ計算機は19日、コンパクトデジタルカメラEXILIM」の新製品として、白飛びや黒つぶれを抑えるほか、局所的にコントラストや彩度の強弱を自動調整可能な「EX-ZR10」を発表。11月26日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 同製品は、有効画素数1,210万画素で3型液晶ディスプレイを搭載したコンパクトデジタルカメラ。ワンシャッターで露出の異なる3枚の連写画像を撮影し、ダイナミックレンジが広がった1枚の画像に合成するHDR(High Dynamic Range)を搭載。白飛びや黒つぶれを抑え、明部も暗部も鮮明な写真を撮影できるという。

 さらに、このHDR技術を応用し、カメラが被写体を解析し、局所的にコントラストや彩度の強弱をコントロールする「HDRアート」を装備。従来のPCソフトによる画像加工を、ワンシャッターでカメラ本体が自動で行なう。

 また、高速連写機能を備えており、1,000万画素の高精細画像を最大40枚/秒の速さで30枚まで連写可能。「パスト連写」を設定することでシャッターが半押しの状態から画像の記録を開始。撮影のタイミングを逃さないという。

 動画撮影機能は最大解像度1,920×1,080ピクセルのフルHD(フレームレート30コマ/秒)に対応。フレームレートが480コマ/秒、240コマ/秒、30~240コマ/秒のハイスピードムービー撮影が可能で、超スロー映像を楽しめる。

 そのほかの特長として、画像や動画を背景に動くキャラクターを貼り付けて「動く写真」や「動く動画」が作成できる「ダイナミックフォト」機能を搭載。露出やISO感度をはじめ、フォーカス位置や手ブレ補正、階調表現、カラーバランス、ノイズリダクションの強弱などを行なうフルオート機能「プレミアムオート」を装備。カメラを動かすだけで動体検出、顔検出を行ない、その部分を避けてつなぎ合わせることで360度のパノラマ撮影が可能な「スライドパノラマ」など、多彩な機能を備えた。

 撮像素子は裏面照射型の1/2.3型CMOS。光学7倍で、複数枚の画像情報を合成するマルチフレーム超解像技術により最大14倍までのズームに対応。レンズは非球面を含む7群8枚構成、焦点距離はf5~35mm(35mm判換算約28~196mm相当)、F値はF3(ワイド)~F5.9(テレ)。撮影距離は通常約2cm~∞(ワイド)、マクロ約2cm~50cm、マニュアル約2cm~∞(ワイド)。

 保存形式は静止画がJPEG(DCF2.0/Exif 2.3準拠、DPOF対応)、動画がMOV形式、H.264/AVC準拠、IMA-ADPCM(ステレオ)。記録エリアが62.1MBのフラッシュメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応する。

 インターフェースはAV出力/USB/HDMIなど。バッテリはリチウムイオン充電池。本体カラーはシルバー/ブラックの2色を用意。本体サイズは幅101.9×高さ58.7×奥行き27.4mm、重さは約176g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はUSBケーブル/AVケーブス/ストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top