ぷらっとホーム、Debian採用の企業向け手のひらサイズサーバ「OpenBlockS 600D」発売 | RBB TODAY

ぷらっとホーム、Debian採用の企業向け手のひらサイズサーバ「OpenBlockS 600D」発売

エンタープライズ ハードウェア

OpenBlockS 600D
  • OpenBlockS 600D
  • インターフェイスと内部
 ぷらっとホームは18日、手のひらサイズのマイクロサーバシリーズとして、Debian GNU/Linuxを採用し自由なサーバ開発を可能とする「OpenBlockS 600D」を発表した。同日より販売を開始し、11月下旬に出荷を開始する予定。

 「OpenBlockS 600D」は、サーバ用途向けの汎用LinuxディストリビューションであるDebian GNU/Linuxを採用。ハードウェアは、手のひらに収まる小型サイズながらスリットレス・スピンドルレスで優れた耐塵性・耐熱性を獲得している。サーバルームやラックなど特別な設備を必要とせず、デスク脇や床下から配電盤の中など、さまざまな場所で活用できる。本製品はCFなしモデルおよび各容量のCF搭載モデルをラインナップ。また、通常であれば構築に手間のかかる開発環境を、推奨されるコンディションでプリインストール済のモデルも提供される。

 CPUにはAMCC PowerPC 405EX(600MHz)を採用、メインメモリ1GB DDR2 SDRAM、FLASH ROM 128MB(ユーザーエリア 約64MB)を搭載する。インターフェイスは1000Base-T×2、シリアル(5芯結線)×2(コンソール用アダプタ、ケーブル各1個標準付属)、USB 2.0×3(外部×2、内部×1)、JTAG×1を搭載する。

 ちなみに、ぷらっとホームのマイクロサーバシリーズでは、本製品に先駆けた2009年5月に、OpenBlockS 600Dと同じハードウェアを採用した「OpenBlockS 600」が発売されている。既存モデルのOpenBlockS 600は、独自ディストリビューション「SSD/Linux」を採用し、およびコンパイル済の各種ネットワーク管理アプリケーションをかんたん導入・運用可能な「アプリケーションマネージャ」機能を搭載している。

 ぷらっとホームでは、100台限定価格でのモニターキャンペーン販売も実施する。通常参考価格45,800円のOBS600D(CFなし)を、モニターキャンペーン価格39,800円(税込)で提供する(1人2台まで購入可能)。そのほかOBS600D/5/2G(2GB CF添付)が52,800円、OBS600D/5/4G(4GB CF添付)が56,800円、OBS600D/5/8G(8GB CF添付)が63,800円、OBS600D/5/16G(16GB CF添付)が83,800円、OBS600D/5D/4G(4GB CFに開発環境プリインストール)が56,800円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top