NEC、CA Technologiesと連携してWebOTXで「性能改善ソリューション」を提供開始 | RBB TODAY

NEC、CA Technologiesと連携してWebOTXで「性能改善ソリューション」を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

性能改善ソリューション
  • 性能改善ソリューション
 日本電気(NEC)は15日、CA Technologiesと連携して、クラウドサービスやITシステムのサービス品質向上を支援する「性能改善ソリューション」を製品化し、11月より提供開始することを発表した。

 「性能改善ソリューション」は、NECのWebアプリケーションサーバ「WebOTX Application Server V8.3(WebOTX AS)」と、CA Technologiesが10月に発売した最新アプリケーション性能管理ソフトウェア「CA Introscope 9」を組み合わせた製品。「性能改善ソリューション」では、Java EEアプリケーションで構築されるITシステムやクラウドサービスの性能を、アプリケーション内部の処理単位で可視化する。これにより、性能のボトルネックとなる部分の特定および改善を効率的に行うことが可能とのこと。なお、製品化に先立ちNECは、米CA Technologiesとの共同検証を行い、WebOTX ASがCA Introscope 9の認証を取得した。これにより、アプリケーション内部の処理単位だけでなく、ITシステムやクラウドサービスを提供する事業者の視点でも性能情報を可視化することが可能となったとのこと。

 「性能改善ソリューション」の主な特長として、「短期間かつ低コストでの導入が可能」なことがある。煩雑な初期設定をせずに、WebOTX ASとCA Introscope 9の連携を実現する機能を提供。これにより、導入時の設定作業が削減され、短期間かつ低コストでシステム性能情報の可視化が可能になるという。また、「効率的にシステムの性能改善を行うことが可能」だ。CA Introscope 9で可視化した性能情報をもとに、システムの改善点や改善方法などを調査するための「WebOTX性能管理ガイド」を提供。ガイドを参照することで、CA Introscope 9が検知した性能問題に対して、アプリケーションやWebOTX ASの設定情報のどの部分を改善すべきかを把握でき、性能改善が可能となる。

 「性能改善ソリューション」の希望小売価格は3,200,000円からで、NECは今後3年間で300システムの販売を目指す。なおNECは、性能改善ソリューションを15日にグランドプリンスホテル赤坂で開催される「CA Expo'10」ならびに11月11日から12日に東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iExpo2010」に出展する。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top