KDDI、海外利用者向けパケット定額サービスを発表……レンタル機器とセットで利用可 | RBB TODAY

KDDI、海外利用者向けパケット定額サービスを発表……レンタル機器とセットで利用可

エンタープライズ モバイルBIZ

レンタル機器(USBタイプ)
  • レンタル機器(USBタイプ)
  • レンタル機器(モバイルWi-Fiルータ)
  • 「海外ダブル定額」料金
  • 「海外ダブル定額」イメージ
  • 「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」対応エリア
  • 「海外ダブル定額」対応エリア
 KDDIと沖縄セルラーは12日、データ通信機器レンタルサービス「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」、および海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」を発表した。「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」は10月13日より、「海外ダブル定額」は2011年3月より提供を開始する。

 「グローバルデータ通信カード レンタルサービス」は、海外パケット定額に対応した通信機器のレンタル費用とパケット定額料金をセットにした完全定額制のサービス。対応機器は、au携帯電話を契約しているユーザーなら、1日あたり980円(税込)で利用できるUSBタイプ、または1,280円(税込)で利用できるWi-Fiタイプの2種類となる。au携帯電話を契約していないユーザーは、1日あたり1,280円(USBタイプ)、または5,280円(Wi-Fiタイプ)となる。当初はアメリカ、中国、韓国など23の国・地域に対応する。レンタル機器は、韓国はC-motech CBU-450D T login Modem(USBタイプ)、WIBLO egg(Wi-Fiタイプ)、それ以外の国はHuawei Internet Stick(USBタイプ)、Novatel Wireless MiFi2372(Wi-Fiタイプ)となる。

 「海外ダブル定額」は、au携帯電話の国内パケット割引サービス加入者を対象に、海外での特定事業者利用における1日あたりのパケット通信の利用額40,000円相当までを1,980円、それ以降は最大2,980円の2段階定額で利用できるサービス。当初は、海外渡航者の多いアメリカ、中国、韓国から提供を開始し、順次対応エリアを拡大していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top