喫煙者も分煙・禁煙を希望、大幅値上げのタバコ事情を調査 | RBB TODAY

喫煙者も分煙・禁煙を希望、大幅値上げのタバコ事情を調査

エンタメ 調査

他人のタバコが気になったら、どうしますか?
  • 他人のタバコが気になったら、どうしますか?
  • 「タバコの煙」のイメージが強いと感じる施設はどこですか?
  • 「パチンコ店」は、全席禁煙/全席喫煙可/分煙のどのお店を選びますか?
 10月からの増税による大幅値上げで何かと話題のタバコであるが、「タバコの煙のイメージが最も強い施設」といえばパチンコ店ではないだろうか。そんなパチンコ店にも禁煙や分煙を望む声が多く、ダイナムでは、店内全席禁煙のパチンコ店「信頼の森」を全国でチェーン展開している。

 トレンダーズが4日に発表した「タバコに関する意識調査」によると、「他人のタバコが気になるのはどんな時ですか?」に対して、非喫煙者で多かったのは「いつも」という回答。具体的なシーンとしては「歩きながらタバコを吸っている時」(42歳)、「食事をしている時」(38歳)などが多くあがった。また「パチンコ店で隣の人のタバコが気になる」(37歳)と、やはりパチンコ店での体験をあげる回答者も多くいた。

 そして他人のタバコが気になった際にとる行動に関する設問では、トップは「席を移動する」(40%)で、次いで「何もせずにガマンする」(27%)となり、約3割はタバコの煙が気になっても何もせずガマンするという結果となった。

 また「タバコの煙のイメージが強い施設はどこですか?」には、「パチンコ店」(90%)が圧倒的。続いて「居酒屋」(63%)、「バー」(31%)、「カラオケボックス」(27%)、「ゲームセンター」(27%)、「喫茶店」(19%)などとなった。

 パチンコ店について「全席禁煙/全席喫煙可/分煙のどのお店を選びますか?」の問いには、非喫煙者は71%が「全席禁煙のお店」、15%が「分煙のお店」と回答した。一方喫煙者では、約3割が「分煙のお店」(27%)と回答し、「全席禁煙のお店」(27%)と同率となった。タバコのイメージが強いパチンコ店だが、喫煙者でも分煙・禁煙を望む人は多いようだ。

 また喫煙者が「分煙の店」を選ぶ理由としては、「嫌煙権もあるし好煙権もある。分煙がベターな選択ではないかと思う」(43歳)、「吸わない時は他の煙は嫌であるし、自分の喫煙で他人にそう感じさせるのも嫌だから」(49歳)などの意見があがった。

 調査対象は喫煙者・非喫煙者を含めた30~49歳の男性500名。2010年9月13日~14日の期間、インターネットにて実施された。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top