富士ゼロックスと日本オラクル、One to Oneマーケティングソリューションを共同構築 | RBB TODAY

富士ゼロックスと日本オラクル、One to Oneマーケティングソリューションを共同構築

 富士ゼロックスと日本オラクルは27日、消費者や顧客各個人の特性、ニーズや興味関心などの情報をもとに実施する「One to Oneマーケティングソリューション」を共同構築したと発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
店舗来店型販促キャンペーン支援ソリューションの全体イメージ
  • 店舗来店型販促キャンペーン支援ソリューションの全体イメージ
 富士ゼロックスと日本オラクルは27日、消費者や顧客各個人の特性、ニーズや興味関心などの情報をもとに実施する「One to Oneマーケティングソリューション」を共同構築したと発表した。

 今回構築された「One to Oneマーケティングソリューション」は、富士ゼロックスが提供するクロスメディアを活用したプロモーションサービスと日本オラクルが提供するSaaS型CRMアプリケーションを連携させ、顧客に対して最適な情報を最適なメディアで届け、顧客満足度の向上、ROIの可視化と向上に貢献する仕組みとのこと。

 両社協業により、まずはショウルームや店舗での顧客対応が行なわれる旅行業、自動車ディーラーなどへ店舗来店型販促キャンペーンを支援するソリューションとして提案活動を開始する。

 富士ゼロックスでは、One to Oneマーケティングに関するノウハウとソリューションにより、利用者の要望にもとづいたクロスメディアプロモーションの企画・立案、最適なメッセージ、メディア設計の支援から、プロモーションに使われる各種印刷物のプリント出力環境を提供している。店舗来店型販促キャンペーンでは、デジタルプリンティングを活用したOne to Oneダイレクトメール(DM)にあらかじめQRコードを印刷し、店舗に設置した複合機「ApeosPort」から来店者が持参したDMのQRコードをスキャンすると、来店履歴がCRMアプリケーションに自動登録される仕組みを新たに構築。DMを送付してどれだけの人が来店に繋がったのかなど、プロモーションに対する顧客の反応行動履歴が簡単に管理できる。

 日本オラクルが提供するCRMアプリケーション「Oracle CRM On Demand」は、SaaS型で提供されており、システム導入・構築にかかる期間と費用が抑えられる。顧客や営業案件に関するCRMの基本的なデータベースに加え、データウェアハウスも搭載し、本格的なBI(ビジネスインテリジェンス:分析)機能を標準で提供。これにより、キャンペーンの途中経過やその結果をリアルタイムに把握し、時系列や多角的な視点での分析も容易に行なうことができる。

 富士ゼロックスと日本オラクルのソリューションを連携することで、キャンペーンで企画したアンケート結果、Webアクセスログ、来店履歴など、それぞれのプロセスで発生する顧客データの一元管理を行える。また、キャンペーン企画時の分析効率や精度の向上、キャンペーン進捗状況の可視化、さらに、次のキャンペーン企画のための結果分析など、統合的なマーケティングコミュニケーションサービスの提供が可能だ。これにより、マーケティング活動に対するレスポンス率や成約率の改善が狙え、費用対効果の高いキャンペーン実施に貢献できるとしている。

 なお、本ソリューションを紹介する利用者向けインターネットセミナー「DM大賞受賞作をヒントとしたマーケティングROI向上の秘策」が、10月8日に開催される。セミナーに参加したユーザーへパーソナライズしたダイレクトメール形式のお礼状が送られ、これにより、富士ゼロックスのショールームへの来場を促し、本ソリューションを実際に体験できる内容だ。「DM大賞受賞作をヒントとしたマーケティングROI向上の秘策」は、10月8日13:30~14:40に開催で、定員は先着600名。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top