国内プライベートクラウド市場、年30%超で急成長……IDC調べ | RBB TODAY

国内プライベートクラウド市場、年30%超で急成長……IDC調べ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
国内プライベートクラウド市場 市場規模予測(IDC Japan, 9/2010)
  • 国内プライベートクラウド市場 市場規模予測(IDC Japan, 9/2010)
 IDC Japanは2日、国内プライベートクラウド市場について、2009年の実績と2010年~2014年の予測を発表した。「プライベートクラウド」とは、個別企業または企業グループのみが利用可能なクラウドコンピューティングを指す。

 これによると2009年の国内プライベートクラウド市場の市場規模は、984億円。2009年~2014年の5年間の年間平均成長率は30.7%で、2014年の市場規模は3,759億円になるとIDCでは予測した。今後、500万円未満の小規模案件で、いかに効率よくシステムを構築するかがビジネス拡大のキーになるとのこと。

 国内クラウドコンピューティング市場は、不特定多数の企業が標準化されたサービスを利用する「パブリッククラウド」が先行する形で2008年に立ち上がった。しかし、パブリッククラウドでは外部のシステムをインターネット経由で使うため、「セキュリティが心配」「カスタマイズがしにくい」「レスポンスが悪い」などの不安がつきまとい、プライベートクラウド市場が立ち上がった。今では、プライベートクラウドはパブリッククラウドより大きな市場を形成していると見られる。

 IDCは、2010年の国内プライベートクラウド市場は、前年比成長率26.0%、市場規模1,240億円と予測。景気後退期に培われたコスト削減や、リソースの効率活用に対するユーザー企業の意識がプライベートクラウドの導入を後押しし、2014年の国内プライベートクラウド市場の市場規模は、3,759億円、2009年~2014年の5年間の年間平均成長率は30.7%になると予測した。

 なお2010年7月に行ったユーザー調査では、プライベートクラウドの導入を検討中の企業にシステム構築予算を尋ねた結果、今後は500万円未満の小規模案件が増加することが判明しており、同社は「ベンダーは、潜在需要の大きい予算規模500万円未満の小規模ユーザーを積極的に取り込むべき」と分析している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top