ソフトバンクモバイル、「HTC Desire」シリーズに10月からAndroid 2.2を提供 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、「HTC Desire」シリーズに10月からAndroid 2.2を提供

IT・デジタル モバイル

ソフトバンクモバイル、「HTC Desire」シリーズに10月からAndroid 2.2を提供
  • ソフトバンクモバイル、「HTC Desire」シリーズに10月からAndroid 2.2を提供
  • 「HTC Desire SoftBank X06HTII」
  • 「HTC Desire SoftBank X06HTII」
 ソフトバンクモバイルは27日、同社が取り扱うAndroid搭載のスマートフォン「HTC Desire SoftBank X06HT」「HTC Desire SoftBank X06HTII」向けに、最新バージョンのAndroid 2.2を提供すると発表。提供開始は10月上旬以降を予定。

 Android 2.2は、アプリケーション実行速度の向上をうたうAndroid の最新バージョン。これにより、実作業やブラウジングのさらなる高速性などが見込まれる。また、Flash 10.1に対応し、これまでPCでしか閲覧できなかったFlashサイトの閲覧が可能となるのも大きな特長。そのほかHD動画の撮影、Androidマーケットでのアプリケーション一括・自動アップデートなどの機能を備え、アプリケーションによってはmicroSDカードへの直接保存にも対応するという。アップデートは無料となる。

 さらに、今回の提供開始に合わせて、「S!メール(MMS)」を利用可能にする専用アプリケーション「SoftBankメール」を、Androidマーケットを通じて無料で公開。これにより、「HTC Desire」においても「……@softbank.ne.jp」「……@x.vodafone.ne.jp」などのアドレスが利用可能となり、絵文字の送受信も行なえる。

 「HTC Desire SoftBank X06HT」は、有機ELディスプレイの3.7型ディスプレイを搭載し、7月29日までの予約分の出荷をもって販売を終了している。「HTC Desire SoftBank X06HTII」は同サイズ、同デザインのTFT液晶モデルで、8月3日から予約が開始され、9月中旬に発売となる。
《小口》

関連ニュース

特集

page top