ソフトバンク、ホークスの試合中にワンセグ公開実験実施 | RBB TODAY

ソフトバンク、ホークスの試合中にワンセグ公開実験実施

ブロードバンド 回線・サービス

ソフトバンク
  • ソフトバンク
  • 「ホークス・エリア・ワンセグ」配信画面イメージ
 ソフトバンクテレコムは20日、福岡Yahoo!JAPANドーム(以下、ヤフードーム)で行われるホーク主催の公式戦にて、エリア限定のワンセグ配信サービスの公開実験「ホークス・エリア・ワンセグ」を実施すると発表した。公開実験は、25日のオリックス・バッファロー戦、9月7日・8日・9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦において行われる。

 今回の公開実験は、同社が昨年度に実施した電波伝搬特性の検証試験に次ぐ実験として、配信用に制作したコンテンツの視聴アンケートを通して効果を測定することが目的。実施日にはヤフードーム内の観客がワンセグ対応携帯端末を使って実験用に割り当てられた15chを選局すると、配信用に制作されたコンテンツをデータ放送で視聴できる。コンテンツとしては、ヤフードーム内の映像/音声サービスや、イニングごとの試合経過や得点履歴、打率や防御率などの選手の個人成績、他球場の試合経過、最新のチーム成績などが配信される。

 同社は今回のエリア限定のワンセグ配信について「エリア・ワンセグは、電波受信が限定された特定のエリア内で、その場所と時間に適した固有のコンテンツを配信し、通信機能と組み合わせたさまざまな新サービス提供が可能となるため、スポーツスタジアムや駅、空港などの交通機関施設など多くの人が密集する場所で効果的に独自の情報を配信できるサービスとして期待されています」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top