「高速道路の無料化」に賛成?反対? 年代ごとに異なる結果に | RBB TODAY

「高速道路の無料化」に賛成?反対? 年代ごとに異なる結果に

エンタメ 調査

高速道路の無料化について
  • 高速道路の無料化について
  • 高速道路の無料化「賛成の理由」
  • 高速道路の無料化「反対の理由」
  • 無料化実験後の無料となった高速道路の利用状況
  • 普段利用している高速道路の無料化による車を利用する機会について
 三井ダイレクト損害保険は16日、「高速道路の無料化について」の調査結果を発表した。調査対象者は「自動車運転者かつ、世帯での車所有者」男女1,117名。

 まず「高速道路の無料化」については、「賛成」(『大いに賛成』+『どちらかといえば賛成』)が50.0%、「反対」(『どちらかといえば反対』+『大いに反対』)が42.6%となった。性別・年代別で見ると、「賛成」と答えた回答者は男性では50代が最も多く(61.6%)、女性では40代が最も多かった(50.5%)。一方「反対」と答えたのは男女共に30代が最も多く、男性が51.7%、女性が44.3%となった。

 「賛成」と「反対」のそれぞれの理由を複数回答で尋ねたところ、「賛成」の理由としては「経済的に助かる」(68.3%)がトップ、次いで「観光地がにぎわって景気回復につながる」(49.6%)、「物流コストが削減され、商品の価格が低下する」(40.9%)となった。各年代において、「賛成」の理由として「経済的に助かる」が最も多い回答となったが、唯一50代男性では「観光地がにぎわって景気回復につながる」(60.9%)がトップとなった。また反対の理由としては、「税負担のツケがまわってくるから」(79.8%)が最も多く、「高速道路が渋滞すると、急いでいる時に困る」(56.5%)、「一部の国民だけがメリットを享受するのはおかしいから」(48.1%)などが続いた。年代別では「税負担のツケがまわってくるから」と答えた回答者は30代女性が94.1%と最も多い一方で、男女20代ではそれぞれ62.5%、72.7%と最も少なかった。

 「今回無料化となった高速道路をすでに利用、もしくは利用したいと思うか」という質問には、「利用した」が17.6%、「利用していないが利用したいと思う」が38.8%、「利用していないし、あまり利用しない」が40.2%、「わからない」が3.4%だった。また普段利用している高速道路が無料化された場合、プライベートで車を利用する機会は増えるかと尋ねたところ、「増える」(『かなり増える』+『やや増える』)が51.4%、「変わらない」が47.6%、「減る」が0.9%となった。年代別で見ると、「増える」と答えた回答者は男性では50代(64.8%)、女性では20代(61.6%)が最も多かった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top