AIGエジソン生命、営業支援ツールとして「iPad」向けコンテンツを開発 | RBB TODAY

AIGエジソン生命、営業支援ツールとして「iPad」向けコンテンツを開発

エンタープライズ モバイルBIZ

商品パンフレットを表示
  • 商品パンフレットを表示
  • テキストと動画を組み合わせた資料
  • 一般本棚には、保険商品や会社概要のパンフレットを格納
  • 非公開本棚には、社内マニュアルや社内報、教育資料などを配置
 AIGエジソン生命保険は17日、「iPad」向けコンテンツを開発し、多機能情報端末「iPad」を新たな営業ツールとして活用することを目指し試験的に導入すると発表した。

 顧客向けの商品パンフレットや会社案内、社員向けの教育資料や社内報等の用途として、静止画と動画を組み合わせた新たなコンテンツをジェナと共同で開発、生命保険ビジネスでの効果的な活用について検証を行う。一般本棚には、保険商品や会社概要のパンフレットを格納、非公開本棚には、社内マニュアルや社内報、教育資料などを配置する。

 AIGエジソン生命では、営業社員が日々の業務に使用する新たな営業支援システムを、クラウドコンピューティングを活用して開発しており、この新営業支援システムについても「iPad」上での稼働を検証していく。なお同社では、これまでも営業ツールとしてスマートフォン「iPhone 3GS」を一部の営業社員にパイロット展開している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top