日本HP、シングルサインオン製品の最新バージョン「HP IceWall SSO Ver.10.0」を発表 | RBB TODAY

日本HP、シングルサインオン製品の最新バージョン「HP IceWall SSO Ver.10.0」を発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

アクセス専用スレッド
  • アクセス専用スレッド
  • HP IceWall SSO + VMware認証サーバ複数システム共有
  • HTTPによる通信
  • Agent間通信の高度暗号化
 日本ヒューレット・パッカードは9日、シングルサインオン製品の最新バージョン「HP IceWall SSO Ver.10.0」を発表した。認証サーバの複数化による処理性能の向上、認証サーバダウン時の認可処理継続の他、仮想化環境での可用性向上が図られたとのこと。

 「HP IceWall SSO」最新版では、他社サイトとの連携やクラウドサービスとの接続などによって、認証基盤の対象範囲および関係者の数が急速に拡大しつつある現状を反映し、ミッションクリティカルな認証基盤における拡張性、可用性、運用性を大幅に向上させ、クラウドや仮想化への対応強化を図った。新機能として、認証サーバを複数持つことで、負荷分散を可能にし、処理性能、拡張性を向上させる「認証モジュールの分散化」、認証DBがダウンした際でもアクセス認可処理が継続できる「アクセス専用スレッド」、認証サーバを停止することなく、認証モジュールの設定変更をノンストップで実施できる「ノンストップメンテナンス」などを提供する。これによって、大規模なスケールの認証基盤においても、安定した運用や迅速な障害対策が可能になる見込みだ。

 また、クラウドや仮想化への対応強化では、VMwareを利用した仮想化環境における認証基盤の動作検証を行い、ベストプラクティスを提示。この他、最高レベルの暗号強度を採用するなどセキュリティを大幅強化や、独自プロトコル(ICP 2.0)のHTTP化も実現した。従来(Ver. 8.0まで)は、認証サーバとの通信が独自プロトコル(ICP)のみだったため、外部APから直接使用するには暗号化のためにVPN等を経由する必要があったが、Ver.10.0からはHTTPによる通信が可能になり、IceWallサーバを経由すればHTTPS(SSL)通信も可能でVPN等は不要となる。なお新バージョンでは、今後約10年先まで(2020年3月まで)の長期サポートプランも提供される。価格は税込1,575,000円~(100ユーザー~)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top