iPadそっくりのAndroid端末「ePAD」のスペックアップモデルがアキバに登場 | RBB TODAY

iPadそっくりのAndroid端末「ePAD」のスペックアップモデルがアキバに登場

IT・デジタル モバイル

秋葉原のショップに入荷したAndroid 2.1搭載タブレット「ePAD」
  • 秋葉原のショップに入荷したAndroid 2.1搭載タブレット「ePAD」
  • 秋葉原のショップに入荷したAndroid 2.1搭載タブレット「ePAD」
  • 秋葉原のショップに入荷したAndroid 2.1搭載タブレット「ePAD」
  • インターフェースにはUSBも
  • Android2.1を搭載
  • 外箱
  • 秋葉原の取り扱いショップ「GENO OUTLET」
 秋葉原のショップ「あきばお~零」などで販売されている中国製iPad風デザインのタブレット型Android端末「ePAD」。この従来モデルに比べ、大幅にスペックが向上したモデルの予約を秋葉原のショップ「GENO OUTLET」が行なっている。予想実売価格は24,800円。

 近日入荷予定のスペックアップ版「ePAD」は、OSにAndroid 2.1を搭載。液晶パネルは10.2型で、解像度は1,024×600ピクセル。縦横表示に対応しており、本体の向きを縦や横にすることで表示が切り替わる。

 CPUはARM製のCortex A8(1GHz)、メモリは256MB、ストレージは2GBのNANDフラッシュメモリを搭載。有線LANはUSB OTG(USB On the Go)コネクターに接続するRJ45変換アダプターが付属、無線LANはIEEE802.11b/g。インターフェースはUSB2.0×1(ミニB)、microSDカードスロット、ステレオスピーカー/ヘッドホン端子/マイクを内蔵する。付属品は有線LAN変換アダプター、OTGケーブル、ACアダプター。本体サイズは縦向き時で幅180×高さ15×奥行き262mm。

 予約はGENO OUTLET店頭のみで、予価の24,800円を全額前金で支払う必要がある。現在の入荷予定時期は8月11日頃の予定とのこと。
《》

関連ニュース

特集

page top