アップル、Core iシリーズに刷新した新型iMacを発表 | RBB TODAY

アップル、Core iシリーズに刷新した新型iMacを発表

 アップルジャパンは、同社のオールインワンデスクトップPC「iMac」を刷新。すべてのモデルにCore iシリーズのCPUを搭載し、発売を開始した。

IT・デジタル デスクトップPC
新型iMac(21.5V型/27V型)
  • 新型iMac(21.5V型/27V型)
  • 新型iMac(21.5V型)
  • 新型iMac(27V型)
  • マルチタッチアイテムの新製品「Magic Trackpad」(右)
  • 直感的操作が行なえるパッド
 アップルジャパンは、同社のオールインワンデスクトップPC「iMac」を刷新。すべてのモデルにCore iシリーズのCPUを搭載し、発売を開始した。

 今回発表されたのは、21.5V型ワイドのフルHD(1,920×1,080ピクセル)液晶モデルが2ラインアップ、27V型ワイド液晶モデル(2,560 ×1,440ピクセル)が2ラインアップの合わせて4ラインアップ。デザインは従来どおりで、高精細なIPSパネルの採用も踏襲している。全モデルにマルチタッチマウスの「Magic Mouse」が付属する。

 21.5V型の下位モデルは、CPUがCore i3(3.06GHz)、メモリが4GB(最大8GB)、HDDが500GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、専用グラフィックスがRadeon HD 4670(ビデオメモリは256MB)。価格は118,800円~。

 21.5V型の上位モデルは、CPUがCore i3(3.2GHz)、メモリが4GB(最大8GB)、HDDが1TB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、専用グラフィックスがRadeon HD 5670(ビデオメモリは512MB)。本モデルはCPU、HDDのカスタマイズに対応し、CPUは Core i5(3.6GHz)、HDDは2TBを選択可能とした。価格は148,800円~。

 27V型の下位モデルは、CPUがCore i3(3.2GHz)、メモリが4GB(最大16GB)、HDDが1TB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、専用グラフィックスがRadeon HD 5670(ビデオメモリは512MB)。さまざまなカスタマイズに対応し、CPUはCore i5(3.6GHz)、ストレージは2TBのHDDほか、256GBのSSD、1TB HDD+256GB SSD、2TB HDD+256GB SSD、グラフィックスはRadeon HD 5750(ビデオメモリは1GB)から選択可能とした。価格は168,800円~。

 27V型の上位モデル(最上位モデル)は、クワッドコアCPUを採用。CPUがCore i5(2.8GHz)、メモリが4GB(最大16GB)、HDDが1TB、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、専用グラフィックスがRadeon HD 5750(ビデオメモリは1GB)。カスタマイズに対応し、CPUはクワッドコアCore i7(2.93GHz)、ストレージは2TBのHDDほか、256GBのSSD、1TB HDD+256GB SSD、2TB HDD+256GB SSDから選択可能とした。価格は198,800円~。

 そのほかの特長として、前回から装備されたSDカードスロットが新たにSDXCカード対応となった。21.5V型の本体サイズは幅52.8 ×高さ45.1×奥行き18.85 cm、重さは9.3 kg。27V型の本体サイズは幅65×高さ51.7×奥行き20.7 cm、重さは13.8 kg。

■マルチタッチアイテムの新製品「Magic Trackpad」も発売

 オプションで新たに発売された「Magic Trackpad」(6,800円)は、マルチタッチ対応のトラックパッド。MacBook Proのトラックパッドを切り出したようなパッドで、Bluetooth接続が可能となっている。パッド上でクリック、スワイプ、スクロール、回転などの操作が直感的に行なえるのが特長で、デスクトップ環境においてもMacBook Proと同様の操作感を得られるとしている。バッテリは単3乾電池×2。
《小口》

関連ニュース

特集

page top