ミラクル・リナックス、エンタープライズ向けシステム・バックアップ製品を開発 ~ 日本HPが協力 | RBB TODAY

ミラクル・リナックス、エンタープライズ向けシステム・バックアップ製品を開発 ~ 日本HPが協力

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Linux, Windows, VMwareESX FC-SAN環境を一元的に対応
  • Linux, Windows, VMwareESX FC-SAN環境を一元的に対応
  • CUIメニューで単純操作
  • MIRACLE System Saviorロゴ
 ミラクル・リナックスは15日、複雑なエンタープライズ環境に適応する、低価格なシステム・バックアップ製品「MIRACLE System Savior(ミラクル システム セイバー)」を発表した。日本ヒューレット・パッカードと共同開発したもので、20日より販売を開始する。

 「MIRACLE System Savior」は、物理環境とVMwareなどの仮想環境の混在、SANboot/FCマルチパス構成、クラスタ環境など、複雑なシステム構成に一元的に対応できるシステム・バックアップ・ソフトウェア。HPフランスの技術者がオープンソースコミュニティで公開し、日本を含む全世界中で利用されているバックアップツール「Mondo Rescue」をベースに開発されている。Linux、Windows、VMwareESXに対応し、VMwareESX丸ごとバックアップも可能。こうした環境に低コストで対応できるシステム・バックアップ製品がこれまで存在しなかったため、10年にわたってオープンソース・ソフトウェア(OSS)分野で協業を行ってきた日本HPの協力を受け、ミラクル・リナックスが開発に着手したという。

 「MIRACLE System Savior」はライブCDで提供され、ボリュームライセンス、複数年サポート、平日サポート、24時間365日サポートなど、利用形態にあわせたサポートサービス・メニューをラインアップする。仮想環境では筐体単位での課金となり、ゲストOS数は無制限で利用可能。価格はサブスクリプション(初年度・平日サポート込)が78,000円(税別)。サブスクリプション(初年度・24時間サポート込)が124,800円(税別)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top