Android搭載、8型タッチパネルのweb対応デジタルフォトフレーム | RBB TODAY

Android搭載、8型タッチパネルのweb対応デジタルフォトフレーム

IT・デジタル モバイル

「ServersMan Cast@net」
  • 「ServersMan Cast@net」
  • 利用イメージ
 フリービット、DTI、エグゼモードの各社は23日、Android/無線LANを搭載したweb対応フォトフレームとして「ServersMan Cast@net」を発表。7月1日から一部オンラインショップで先行予約を開始し、家電量販店での発売も予定している。

 発売形態は2種類。継続課金型は月額2,100円(12回払い)、一括支払い型は24,800円となっている。先行予約は一括支払い型のみで、継続課金型はDTIで7月9日から予約受付を予定している。

 同製品は、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)を搭載。USBポートを1基備え、USB接続で3Gモデムの利用も可能となっている。液晶は8型タッチパネル(4:3)で解像度は800×600ピクセル。

 大きな特長はAndroid1.5をOSとして採用している点。ブラウザとしてChrome、POP3/IMAP4に対応したメールソフトを標準装備する。また、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどに対応したドキュメントビューワー(体験版)、AVプレーヤーなどのアプリケーションもプリインストール済みとなっている。

 フォトフレームとしては、静止画・動画のスライドショーに対応。またサーバーソフト「ServersMan」を備え、web接続と連携して本体そのものがwebサーバーとして機能。さらにiモード、iPhone、Android、Windows Mobileなどの携帯端末に「ServersMan」同士が連動するグルーピング機能専用ソフト「Scooop」をインストールすることで、撮影した静止画・動画を端末からフォトフレームに転送可能。例えば遠隔地にいる親戚や祖父母などに転送することなどが行なえるとしている。web経由で、PCからのアクセスも可能だ。

 ユーザーインターフェースには独自の「Air Display by ServersMan」を採用。そのほかSDカードスロットを備え、無線LAN機能搭載の「Eye-Fiカード」にも対応。デジタルカメラのモニタリング用途などにも利用可能とした。内蔵ストレージは2GB、RAMは256MB。壁掛けホール、自立スタンドを有する。
《小口》

関連ニュース

特集

page top