薄型テレビやBDレコーダーは新エコポイント導入後も堅調――JEITA調べ | RBB TODAY

薄型テレビやBDレコーダーは新エコポイント導入後も堅調――JEITA調べ

IT・デジタル その他

民生用電子機器国内出荷実績(金額)の推移(JEITA調べ)
  • 民生用電子機器国内出荷実績(金額)の推移(JEITA調べ)
  • 2010年5月民生用電子機器国内出荷実績(金額/JEITA調べ)
 電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、民生用電子機器国内出荷実績で最新の2010年5月の統計を発表。薄型テレビやBlu-rayディスクレコーダーが好調を維持する結果となっている。

 国内出荷金額を分野別に見ると、映像機器は1,668億円で、前年同月比122.3%と12ヵ月連続のプラス。一方、音声機器については同114億円で、前年同月比94.8%と4ヵ月ぶりにマイナスを示した。

 前年同月比のプラス幅を見ていくと、Blu-rayディスクレコーダー/プレーヤーが158%、薄型テレビ(10型以上+PDP)が156.4%、ビデオ一体型カメラが140.8%となっている。

 薄型テレビはサイズ別に見ると、いずれのサイズも前年比プラス成長のなか、29型以下の141.4%と37型の150.3%に比べ、ボリュームゾーンの30~36型が178.5%で大きなプラスとなった。また、1~5月期の5ヵ月間の合計の場合、薄型テレビは前年同期比で180.2%のプラスを示している。家電エコポイント制度が昨年の5月からスタートし、今年の4月以降も制度期間が延長されたことを考慮すれば、同制度によって薄型テレビ市場が活性化されたと見てよいだろう。

 出荷金額全体の推移によると、昨年12月と今年3月に金額が増加し、ともにそれを牽引しているのは薄型テレビ。家電エコポイント制度は4月から省エネ基準が厳格化された新制度へと改正されたが、3月には、新制度で対象から外されてしまう一部の製品を購入しようという“駆け込み需要”が出荷金額を押し上げたと考えられる。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top