マピオン、地図デザインの大幅アップデートを実施 ~ 重要ランドマーク強調、テーマパーク園内の施設名表示など | RBB TODAY

マピオン、地図デザインの大幅アップデートを実施 ~ 重要ランドマーク強調、テーマパーク園内の施設名表示など

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

旧デザインと新デザインの比較
  • 旧デザインと新デザインの比較
  • 市区町村の色塗り分けを実施
  • マピオン地図の上野動物園の例。園内施設がわかりやすくなった
  • 同じ地図のGoogleマップ版。個別の施設名は表示されていない
  • 富士山(静岡県駿東郡小山町須走)の地図には山小屋も掲載
 マピオンは17日、地図検索サービス「マピオン(www.mapion.co.jp)」にて提供中の地図について、デザインアップデートと情報の大幅更新を実施した。

 視認性のさらなる向上が中心で、市区町村の色塗り分け実施、境界線表示の改善、重要ランドマークへの太字フォント採用、主要動物園・テーマパークなどの園内施設名の掲載、観光地のラベル情報を全国約1,000か所追加、山地図としてのクリエイティブ向上と機能強化となっている。

 具体的には、1/75000縮尺で全市区町村の色塗り分けを実施し、1/21000縮尺では境界線の表現にも改善を加えた。隣接する市区町村は別々の色となるため、市区町村の領域が一目で分かるようになっている。なお、この改善により「目黒駅は目黒区ではなく品川区にある」「荒川区に荒川は流れていない」といった、いわゆる“地理トリビア”が一目で分かるようになったとしている。

 1/3000以下の詳細縮尺においては、待ち合わせスポットや有名ビルなどの重要ランドマークを、一般の商店や施設に比べて目立つ、大文字・太字フォント、縁取り付の表現とした。また「上野動物園」を初めとする主要動物園、「東京ディズニーランド」や「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などの大規模テーマパークの園内施設名を詳細に掲載。「サル園」「シマウマ舎」などの場所が、デフォルメされた園内マップではなく実際の縮尺で分かる。

 そのほかこれまで、主要観光地のエリアを示す「箱根」「八ヶ岳」などのラベル表現を約1,000か所に追加。さらに1/15万以上の広域縮尺で、標高による細かなグラデーション表現を採用。また、富士山、八ヶ岳、北アルプス周辺を中心に、登山道名および山小屋を地図上に掲載した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top