NECとCA Technologies、アプリケーション性能管理ソフト分野での協業を強化 | RBB TODAY

NECとCA Technologies、アプリケーション性能管理ソフト分野での協業を強化

エンタープライズ 企業

クラウド化により管理レイヤーが分離し、サービスレベルの保証が大きな課題に
  • クラウド化により管理レイヤーが分離し、サービスレベルの保証が大きな課題に
  • WebSAMにより性能情報を可視化
 日本電気(NEC)は17日、CA Technologiesと、アプリケーション性能管理ソフト分野での協業を強化することを発表した。

 NECは、CA Technologiesのアプリケーション性能管理ソフトウェア「CA Wily Introscope(シーエー・ワイリー・イントロスコープ)」をOEM採用し、システム性能分析ソフトウェア「WebSAM Invariant Analyzer」とリアルタイムに連携させ、新たに「性能ボトルネック分析ソリューション」として提供する。新ソリューションは、Webアプリケーションのレスポンス低下等の検知から、原因となるITインフラの特定、さらに、通常はブラックボックス化されているJava EE(J2EE)アプリケーション内部の性能情報の可視化・分析・原因個所の絞込みまでを両社製品の連携により自動化する。

 具体的には、「CA Wily Introscope」で収集した数万種のJava EE(J2EE)アプリケーションに関する性能情報を、NECの独自分析技術により「WebSAM Invariant Analyzer」を用いて煩雑な設定をすることなくリアルタイムに分析し、平常時の挙動との違いからサイレント障害(エラーメッセージとして現れない性能劣化)を自動的に検知する。本ソリューションの活用により、高いスキルを保有していない管理者でも迅速な問題発生の発見と原因個所の絞込みが可能となる見込み。

 新ソリューションの販売はNECが担当し、国内のデータセンターや通信・金融系を中心に、大規模ミッションクリティカルシステムなどへの適用に向けて拡販を図る。また、海外についても、中国、台湾などから順次展開する。新ソリューションの希望小売価格(税別)は9,117,600円~。出荷開始は本年7月から。今後3年間で、国内外で計30システムの販売を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top