NTTドコモ、従来の各種法人向け割引サービスを一本化 ~ 「ビジネスシンプル」を発表 | RBB TODAY

NTTドコモ、従来の各種法人向け割引サービスを一本化 ~ 「ビジネスシンプル」を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

法人向け割引サービス「ビジネスシンプル」詳細内容
  • 法人向け割引サービス「ビジネスシンプル」詳細内容
  • 参考(従来の割引サービス)
 NTTドコモは26日、契約回線数や利用金額に応じて多岐にわたっていた法人向け割引サービスを一本化し、さらに割引内容を拡充した新割引サービス「ビジネスシンプル」を発表した。7月1日より提供を開始する。

 「ビジネスシンプル」は、契約回線数や利用期間に関わらず基本使用料を一律50%割引する「ビジネス割50」と、契約回線数に応じ通話、通信料を割引する「ビジネス通話割引」に加入することで受けられるサービス。従来の各種法人向け割引サービスよりも、シンプルでわかりやすいことが特長となっている。「ビジネス通話割引」では、グループ内国内通話が、24時間無料となるほか、グループ外への通話料やパケット通信料などを、契約回線数に応じ10~30%割引する。法人名義の申し込み、FOMAサービスの利用などが条件で、「ビジネス割50」は1回線から、「ビジネス通話割引」は2回線から提供となる。申し込み窓口は、ドコモの法人営業担当者、ドコモショップなど。
 
 今後は、契約回線数に関わらずグループ内の無料通信分共有が可能となるサービスを12月から、グループ内の国内iモードメール無料化サービスを2011年春頃から提供開始する予定。

 なお現在提供されている「オフィス割引」「オフィス割MAX50」「ビジネス割引」「ビジネス通話・ホーダイ」「通話料いっかつ割引」ならびに「包括回線割引」については、11月30日をもって新規申込み受付が終了となる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top